子供が運転をしていた自転車のトラブル

ビル

日本において、免許が必要な乗り物としては、原付以上の乗り物になるでしょう。
自転車は基本的には動力がありません。
アシストをするタイプの自転車は、モーターはあるものの自走する力は持っていません。
あくまでも自走する力を持つ乗り物で免許を必要としています。
免許の取得に当たっては、道路交通法等の知識などを取得する必要があります。
自転車は免許がいりません。
誰でも自由に乗ることができ、道路交通法などを知らない人が運転をすることもあります。
もし、子供が自転車の運転をしていてトラブルを起こしたらどうなるかです。
まずは子供に責任能力があるかです。
多くの子供には責任能力がないとされます。
その次は子供の保護者である親に責任があるかです。
親は、子供を常に監視できるわけではありませんが、正しい生活ができるよう指導教育する義務があります。
トラブルの内容によっては、親の指導教育がなかったことが原因とされる可能性があります。
親に損害賠償請求されるかもしれません。

港区 社労士
成長戦略を一緒に考えていきます

ビル

関連情報一覧

法律は見えないところで人間の生活を助けている

ルールを好む人と好まない人がいますが、人間が生きていく以上、社会を維持するためのルールは守らなければ

法律事務所に相談に行った結果と感想

夫の浮気が原因で離婚を視野に入れて考えるようになりましたが、どれくらいの慰謝料をもらうことができるの

契約書の中に裁判になったときの記載がある

契約をする方法として、文書で行う方法とそれ以外があります。
一応口頭でも契約ができます。

借金問題を法律事務所に相談した感想

複数の消費者金融から借り入れがあり、どうすることもできなくなって債務整理したいと思いました。