法律

ビル

契約書の中に裁判になったときの記載がある

契約をする方法として、文書で行う方法とそれ以外があります。
一応口頭でも契約ができます。
口頭だと言った言わないのトラブルが起きやすいです。
何らかの形で言ったとされる証拠があれば、それを元に話を進めることができます。
会社間の契約であれば、トラブルを避けるために契約書を交わすのが一般的です。
この時にどんな項目が入っているかをチェックしましょう。
管轄の合意と呼ばれる言葉が入っているとき、これが何を意味することなのかを知らないといけません。
これは、もし裁判が起こる事案が起きた時、どの管轄の裁判所で行うかを合意することを決めた内容になります。
同じ地域にある会社同士の契約なら大きな問題はありませんが、異なる地域同士の契約ではこの取り決めが重要になります。
本来なら、自社に近い管轄の裁判所に訴えられるのに、相手の会社の管轄に近い裁判所に訴えないといけない場合が出てきます。
弁護士に行ってもらうとしても、その交通費の負担などが必要になります。

ビル

関連情報一覧

法律は見えないところで人間の生活を助けている

法律事務所に相談に行った結果と感想

契約書の中に裁判になったときの記載がある

借金問題を法律事務所に相談した感想